美容室開業

独立・開業・起業に役立つ情報が満載! 独立開業.bizへようこそ。
ここは美容室開業のページです。必要な手続きや費用、手順について説明しています。

美容室開業 必要手続

美容院を開業する場合、開業予定日の1週間前までに、保健所への届出を行なう必要があります。

必要書類
  • 開設届
  • 施設の平面図
  • 構造、設備の概要
  • 開設者が法人の場合は、会社の登記簿謄本
  • 有資格者の免許証(提示)
  • 従業員名簿
  • 従業員の健康診断書・店舗の図面(厨房配置入り平面図)2部

経営者自身が「美容師」の資格を有しているか、「美容師」の資格を有する者を雇用していなければなりません。

また、常時2人以上の美容師が働いている店舗においては、「管理美容師」の資格を有する者を置く必要があります。

【美容師資格】

厚生労働大臣の指定した美容師養成施設で所定の学科を習得した後、学科試験・実地試験に合格しなければいけません。
なお実地試験は、1年間の実地訓練期間を経た後でなければ受験できません。

【管理美容師資格】

美容師として3年以上の実務経験を積んだ後、各都道府県で実施される所定の講習を修了することによって与えられます。

店舗の構造設備に関しては、作業面積や照度などが都道府県の条例で定められている。

最寄りの保健所で相談に応じてくれます。

美容室開業 手順

必要な書類・資格(個人で開業する場合)

  1. 開業予定日付

    予定日付を決めることによりスケジュールが組むことができます。

  2. 経営形態

    美容室の経営形態としては、個人事業者,有限会社,株式会社などがあります。
    どのような経営形態で開業するのか決めます。

  3. 店舗名

    店舗名は、店の顔となりますので早い段階から案を練りましょう。

  4. 顧客年齢層

    ターゲット年齢層を決めることにより店作りのイメージが明確化されます。

  5. 店舗立地

    最寄の駅:○○線の○○駅
    来店手段:徒歩5分以内
    周辺美容室の有無:周辺美容室の状況を確認しましょう。

    通行量、周辺環境の調査:実際に時間帯をズラして現地調査してみましょう。

  6. 顧客平均単価

    顧客平均単価を決めることにより事業計画が具体化されます。

  7. 店舗面積

    どのくらいの面積の店舗にするか考えましょう。

  8. カット面の面数、シャンプー台の台数

    店舗面積からカット面の面数、シャンプー台の台数を決めましょう。

  9. スタイリストの人数

    何人のスタイリストが必要か考えましょう。

  10. アシスタントの人数

    何人のアシスタントが必要か考えましょう。

  11. 付帯業務

    美容院では和服の着付けや化粧品の販売などの「副業」を手がけていることが多いですが、その他にボティエステやハンドマッサージ、ネイルアートなどのサービスを導入する必要があるか考えましょう。

美容室 開業された方のサイト

実際に美容院を開業された方のWebサイトです。Webサイトも1からの構築ですね。

中野の美容院 ニューベーシック
〒164-0001 東京都中野区中野5-41-8カースク中野2階

美容室開業 関連サイト

美容室開業に関する人気のサイトを紹介しています。

サロン集客ナビ

サロン集客グッズから広告制作まで日本最大級のサロン集客サイト

Beauty-Navi

美容室を開業したい方、興味のある方へ

美容室開業 おすすめグッズ

美容室開業の準備ならアスクルが最適です。

▲美容室開業トップへ